CEO BLOG

2017.05.12

断熱性が高い家

昨日偶然羽田空港で、ヤマチユナイテッドグループの山地社長にお会いしました。
スポーツに関するブログが多いねと言われたので、定期的に建築の話もしていこうと思います。(笑)
みなさんは、ブレインの断熱性が高い家はどうして快適だと思いますか?
実は断熱性が高いと、床や壁・天井の表面温度が適度に保たれるからなんです。
大切なのは室温ではなく、表面温度なんです。
私たちのカラダから発する放射熱(長波長放射)は、光や紫外線、放射線と同じく全て電磁波です。(ただ波長が違うだけなんです)
身の回りにある全ての物体が、その温度に応じた長波長放射を発しています。
建物の中では、床も壁も天井も放射を出しています。
人のカラダも表面温度に応じて長波長放射を発していて、この量が快と不快を分ける重要な要因になります。
人のカラダの表面温度は30〜35℃くらいで、夏の壁の表面温度が36℃くらいに上がると、壁からの放射の方が大きくなり、それがカラダに伝わって暑く感じます。
逆に、壁の表面温度が15℃ぐらいに下がると、カラダから出て行く放射が増えてきて、寒さを感じるようになります。
簡単にいうと、壁からの放射がカラダに伝わるか、カラダから出て行く放射が増えるかです。
暖房器具で温めた室内の空気はせいぜい20〜22℃くらいで、カラダの表面温度より10℃近くも低いのですが、床や壁の表面温度がそれなりに上がっていれば、カラダの表面温度が下がらずに済みます。
空気を暖めたり冷やしたりするより、表面温度をコントロールすることが重要なので、断熱性を高める必要があるんです。
IMG_1757
話は変わりますが、103キロ(目標体重88キロ)&83キロ(目標体重70キロ)は、ダメですよね〜。
Bookmark and Share