CEO BLOG

2019.01.14

国体予選 &北海道スキー選手権大会

北海道スキー国体予選。

成年B組は小林大郁選手が優勝、大村和哉選手は2位、及川貴寛選手が3位でした。

岡本洸司選手は、スタートでビンディングが外れてしまったそうです(涙)

注目の成年C組は、木内忠幸選手が優勝、2位は船橋琢磨選手、3位に田澤潤選手でした。

木内くんはここ数年の怪我から見事な復活、さすが師匠です!

ブレインからは和哉君と木内師匠が、地元札幌国体に出場です。

是非優勝を目指して頑張って下さい。

国体のレース後に行われた第1回北海道選手権大会は、多くのマスターズ選手で盛りあがりました。

私は55歳から59歳のクラスで出場して、全体ラップで優勝する事が出来ました。

カムイリンクスはスタートから、急斜面の入口までが勝負です。

7、8旗門のスルー後の9旗門で減速しないように注意して、急斜面までは攻めました。

急斜面は慎重にラインを上げて、26、27旗門のスルーで上手くスピードを繋げてゴ〜ル!

戦略通りに楽しく滑ることが出来、北海道マスターズ初代チャンピオンになりました。

来週のかもい岳マスターズ2連戦も、優勝を目指して頑張ります。

アーデルボーデンの日本人選手は残念でした(涙)

Bookmark and Share