CEO BLOG

2018.12.24

初ポール

土日はニセコモイワスキー場で、千歳スキー連盟のポール合宿でした。

私もコーチングをしながらですが、結構滑り込んで来ました。

気温が高くてバーンは柔らかめでしたが、皆さんシーズン初めとしては、良いトレーニングになったと思います。

  1. しっかりとニュートラルポジションをつくる。
  2. 腰を高い位置(ニュートラルポジション)にセットしてから、スキーを踏み込んで撓ませないと、タイトなターンにならない。
  3. 目線、肩、腰、膝、足首は斜面と平行にする。
  4. 斜滑降やプルークなどで、ポジションを確認しないとポールの中では難しい。

このような事に注意しながら、アドバイスをしました。

練習の時は上に抜けても良いから、高い位置からスキーを踏むようにしないと、速くは滑れません。

私はかなり肩甲骨が動くようになり、腰の調子も良いので、調子はまずまずかな。

沓脱治療院の効果は、確実に出ています。

年末年始にしっかり仕上げて、まずは北海道マスターズで勝ちにいきます。

 

 

Bookmark and Share