CEO BLOG

2018.08.06

ベスト4の壁

日本スポーツマスターズ2018軟式野球南北海道大会。

今年も準決勝で敗退しました。

2回戦のKAZENOαSUPORTS戦は、打線も上手く繋がり、5対1で快勝。

エース江川 投手が、相手打線をシッカリと押さえ込みました。

準決勝は苫小牧代表の肉のあおやま。

初回に相手打線に先制を許すと、3回にもツーランホームランを打たれて0対3。

ブレイン打線も初回から、何度もスコアリングポジションにランナーを進めるのですが、タイムリーが出ません。

5回裏に代打松山選手のツーベースと、1番ショート菊地選手のタイムリーヒットで2点差。

菊地選手はこの試合3安打、前の試合も2安打と大活躍でした。

その後のチャンスに、後1本が出ていればな〜。

6回表先発の佐藤正人投手から江川投手に継投して、相手に追加点は与えなかったのですが、結局は試合はそのまま1対3で終了。

悔しさはありますが、チーム一丸となって全力を尽くした、ナイスゲームでした。

本当に後1本が出ていれば、全国大会に駒を進める事が出来た試合だった思います。

毎年ベスト4の壁を破れずにいますが、来年もまた諦めずにチャレンジします。

選手の皆さん本当にお疲れ様でした。(写真を撮るのを忘れていました)

 

 

 

Bookmark and Share