CEO BLOG

2018.05.15

トロフィーカッコいい!

大倉山ジャンプ競技場のジャンプ台を、着地ゾーンから頂上まで駆け上がる世界一過酷な400メートル走「レッドブル400」

400メートルリレー男子と400mリレーオープン(男女混合)に、TWISTチームが参加しました。

リレー男子は、2位に13秒差を付けて圧勝。

メチャメチャキツイレースなんですが、TWISTコーチ&選手は流石ですね。

昨年の雪辱を果たしました!

リレーオープンは惜しくも2位でしたが、ラストランナーの原田さん(47歳)の走りはカッコ良かったですね。

観客みんなから、「お父さんがんばれ」と、声援を受けていました。
レッドブルのトロフィー、カッコいいですね!
また来年もチャレンジしましょう。
Bookmark and Share